子どもの教育

【経験談】4年間不登校だった妹が不登校になった原因と解決策(前向きに高校入学を検討)

投稿日:6月 18, 2018 更新日:

通信制高校一括資料請求[無料]

こんにちは!りん(@rinn_nikki)です!

こそだての箱のプロフィール【1回目】【逆境にも負けず、ポジティブシンキング!】プロママブロガー、りんのプロフィールを見てくれた方は分かるかと思いますが、私の家庭内環境はちょっと特殊です。

今日はその中でも、妹のことについてお話します。

私の妹は、小学6年生の途中から不登校になりました。

今や不登校という言葉は、珍しくもありません。
なにせ不登校は全国で約14万人もいます。30人クラスだったら、1人や2人不登校でもおかしくありません。

最初は担任も交えながら今後どうするか相談をしました。結果は、不登校用のクラスに少しずつ行けるように。

しかし、そんな妹にも「高校には行きたい」という目標ができました。

高校に入学するには学力は必要と分かっていたので、中学2年生の途中から進んで勉強を始めるように。

将来のために自分から勉強をしよう!と決心したのはすごいなーと思います。

 

不登校の子に対する扱い方や学校に行けるようなる、または将来高校に行くまでのヒントが得られます。

本当ならデリカシーな問題なので胸のうちに秘めておこうと思いましたが、公開します。

今現在不登校の子どもがいる方や、兄弟が不登校という方に役立てば嬉しいです。

 

不登校の原因は5つ!

不登校には、様々な原因があります。
特に多いのはいじめや周囲に馴染めない。家庭内の環境の変化、ただ単に行きたくない、朝起きられなくなった(そういう病気があります。)

本人が何をきっかけで不登校になったのか、知らない限り話は進みません。

しかしどんな理由であれ、学校に行きたくないという子を無理やり学校に連れて行かないでくださいね。

 

妹が学校に行かなくなった2つの理由

1つめの理由:家庭内環境の変化

家庭内環境が変わったのは、私が高校を卒業した時。父と母の事業が失敗しました。
母は負い目を感じて、フィリピンに仕事へ。「稼ぐまで帰ってこない」といってそれから4年会っていません。

父は会社が倒産した影響で、鬱病に。日中はお酒に逃げまくりの生活。そのおかげで肝臓がんになりかけてました。

しかしギリギリで病院にいったので、なんとかがんにならず。現在は自宅で療養中です。

妹はそれを間近で見たので、ショックだったのでしょう。小学校6年生の途中から学校に行かなくなりました。

 

2つめの理由:みんなに好かれようとしていた。

妹は中学校に入学して間もないころ、周りの人に「いい人」だと思われたい!がためにひたすらいい人を演じてきました。

そういう態度をしていた結果、妹の優しさにつけこんで利用する人が増えてきて、じょじょに疲れたそうです。

本当の自分を出すと嫌われる…そんな思いもあって徐々に学校にいかなくなりました。

 

不登校になった子には優しく接する!

不登校になったら少なからずショックを受ける人もいるでしょう。なぜうちの子が?教育方法を間違えた?と自分を責めてしまうこともあります。

引きこもった子を罵倒せずに、心の傷が癒えるまでは優しい言葉で語り掛けましょう。

まずは「学校に行きたくない」ということを理解してあげましょう。

それは学校から逃げてるんじゃない?と思う方もいるかもしれません。

しかし、無理やり学校に行かせる方が危険です。いじめを親に知らせずに自殺をした子は少なくありませんから。

 

まずは学校から逃げられた勇気をほめる、認める。

子どもも自分が学校から逃げたというのは理解してます。
心の中は罪悪感でいっぱいなのです。

理解して認めてあげるのが親の仕事です。

認めてあげないと信じていた親に裏切られたと思い、さらにふさぎ込むことがあるからです。

通信制高校一括資料請求[無料]

 

妹もふてくされた間違った対処法:北風と太陽

例えば、私の祖母(82)は不登校に理解がありません。なぜなら祖母の時代は戦時中でした。学校は行きたくても行けない場所なのです。

なのでひたすら学校に行かない妹をモノでつったり、とにかく頑張って!!と励ますだけ。ますます塞ぎ込みました。

北風と太陽というお話を知っていますでしょうか?

北風と太陽がどっちが人間のコートを脱がせるか勝負するお話です。

北風はとにかく無理やりぬがせようと、風をビューっと吹く。そうするとますますコートが手放せなくなる。

太陽はとにかくじっとしている。そうすると自分からコートを脱ぐ。

それと同じような考えです。

不登校になった生徒さん無理やり学校に来させるために、とにかく言葉攻めをする先生もいます。

妹の元担任(中1の時の)は、あがってください!と許可していないのにズケズケと家に入り込み、妹の部屋の前で待機。

 

ひたすらに妹に対して、罵倒に近い励ましをやっていました。

元担任はしてやったり!と思ったのでしょうか?

しかし、それは逆効果です。

元担任や祖母は、北風と太陽で言う「北風」にあたります。

祖母は年の差が離れているので、どうしても理解できないのでしょう。熱心に聞こえる励ましに感動し、元担任をいい先生だと言ってました。

けれど、妹目線から言うと許可した覚えもないのに自分が唯一心休める場所にズケズケと入ってくる図々しい奴。しかも自分の話を聞かず一方的に弾丸トークをする。

それじゃあ学校に行きたいわけありません。なぜなら、本人の悩みを理解してないからです。

根本的な解決になりません。

 

【姉の話】なぜ私は、妹の気持ちが理解できたのか?:

実は私も小学校の頃、学校になじめませんでした。
いじめられた経験があります。いじめられたきっかけは周りの人と違ってたからです。

父は日本人、母はハーフで生まれた私。幼少期に様々な国に住んでたからか、周りの子と考え方が少し違ってました。

今ではグローバル化が進み、外国人とのハーフが珍しくありません。

しかし私の学校では非常に少なかったんです。ハーフの人が2~3人しかいませんでした。

奇妙な目で見られることもありました。名前でいじめられることもありました。それに追い打ちをかけたのは、私が「アニメが大好きだった」という事です。

今はアニメが好き。漫画が好き!といっても、特に気持ち悪いとは思わないでしょう。

しかし、私の時代はクラスのカースト上位の子が、オタク=気持ち悪い、いじめる存在というような世界でした。

アニメが好きと堂々と言えずに、ひたすら教室の隅っこに縮こまってました。

当時その状況を親に言えず、ましてや不登校になる勇気もなく、嫌々学校に行きましたが、それは中学校まで。

 

【姉の話】自分が変わるきっかけをくれたのは、高校に入ってから:

中学時代までは、私のこと誰も理解してくれる人なんかいない!と考えてました。

しかし、高校に行って自分の好きなことを学ぶようになってから考え方もガランと変わりました。私の学校はオタクが多かったのです。

中学校までは家から近い学校に通うことが多いので、どうしても馬が合わない人がいるでしょう。

そんなやつは無視しましょう。高校に行けば、関わりはなくなりますから。
高校は自分の好きなことが学べるようなところに行くといいでしょう。

自分とおんなじようなレベルの子ばっかりなので、話も合いますしね!

 

不登校だと高校にいけないの?

基本的に不登校でも、高校には行けます。(全日制も頑張り次第で)

担任が「不登校のままだと高校に通えないよ」ということもあります。しかし、通信制や定時制の高校だったら全然いけます

あなたのことを不安にさせているだけです。家にこもってるだけじゃだめだよ、学校で勉強しよう?と。

全日制高校(週5)に行くためにはある程度の出席日数、基礎の勉強が必須なので、どうしても行きたい高校があれば、保健室でもフリースクールでも利用してくださいね。

 

最終的に学校に行けるようにするために、学校は行かなくてもいいから勉強させるために:

子どもが学校に行けるようになるためには親の協力が必要です。

まずは少しずつ進めて行きましょう。

まずは、精神的にリラックスできる環境作りが大事。

 

リラックスできる環境とは?:

  • スマホやパソコンを与える

勇気を出して不登校になった子どもには、逃げる環境が必要です。スマホやパソコンは一時的に気持ちを楽にさせます。

そういった現実逃避できるもので気持ちを回復させると、少しずつ自分の気持ちに素直に向き合えるようになります。少し余裕がでてくるのです。

 

  • 理解できる人と話す

親には話してくれなさそうと思ったら、カウンセリングを受けましょう。特におすすめなのは、スクールカウンセラーに相談することです。

最近は親に悩みを打ち明けない子が多いため、学校によってはスクールカウンセラーが常駐していることもあります。

スクールカウンセラーは、不登校だった子と何度も話しているので、扱い方を心得てます。

学校にスクールカウンセラーがない場合は、インターネット、電話窓口でも相談できますよ。

 

  • 外出する

家に引きこもってばかりだと、腐ります。定期的に自分の好きなところ、行きたいところ、気分転換になるところへ連れていきましょう。

妹は一時期、心を落ち着かせるために1人で散歩に行ったり、遠くへ出かけたりしていました。

 

  • 図書館に行く

図書館は静かなので、リラックスするには最適です。最近は活字無理…という子でも楽しめるようにCDやDVD、ライトノベルなども置いてあります。

また図書館には沢山の本があるので、自分の知識を増やすのにも最高です。

例えば「不登校について」図書館の本の場所を調べる機会で調べてみましょう。たくさんあるはずです。

不登校関連の本を読めば「悩みを抱えてるのは自分だけじゃないんだ。こういった解決方法があるんだ!」といった気づきが得られます。

 

  • 好きなものを見つける

人間、好きなものの1つや2つあるはずです。好きなものにハマると時間忘れて、熱中してしまうこともあります。

不登校になる子は基本的に、「自分に自信がない子」が多いです。
明るくふるまっていても心の中では、自分ってどうしようもない人間。クズだ。学校から逃げててしまった。親に迷惑かけてしまった…。と思っています。

恥ずかしいから口に出さないのです。それは理解してあげてください。

好きなものは一緒に見つけましょう。

少しでも興味のある展示会にて行ってみる。イベントに行ってみる。面白そうな番組を一緒に見るなどなど。

そうして子どもは何が好きなのか、気付けます。

また子どもと一緒に何かをすることで「自分が腐っていてもついてきてくれる」とあなたに好感を抱きます。子どもは信頼して、あなたに何でも話してくれるようになります。

私も色んなところに妹を連れまわしました。その結果、妹は好きなものを見つけました。

イラスト、メイク、髪を染めるです。

りん
妹が髪を染めるのは、過去の自分へのけじめだったのではないでしょうか。明るくなった髪色をみて、少しずつ元気になり始めたな。と安心したものです。

一般的には中学生が髪を染めるなんて!!と怒るでしょうが、犯罪行為でもなんでもないのでオーケー。かわいいもんです。

髪染めたせいで中学生には見られませんがね(´゜∀゜`)今は高校の面接に備えて黒にしましたが。

両親はどちらも機能してないので、私とかわりに見つけました。なので、両親や祖母よりも私のことを信用してくれます。

 

  • 家では学校の話題を出さない

家は子どもにとって、唯一リラックスできる場所です。
追い討ちをかけないようにしましょう。

例えば、あなたが仕事が終わってヘトヘトになりながら帰宅。家に帰ったらお酒飲もう!としたら、ひたすら子どもや妻・旦那に仕事はどうなの?って言われたらどう思います?

え、家に帰ってきたんだから仕事とは切り離してよ…考えたくないよ…ってなりませんか?

それと同じです。

家にも学校にも居場所をなくした子は、補導されるギリギリの時間まで外に出ていってしまいます。妹の元友達がまさにそのタイプで夜の11時まで、私の家に滞在してました。

 

リラックスできる環境が整ったら、勉強はどうするか話し合う:

いじめとかもなく、体調が悪くてそのままズルズル休んでしまった子、なんとなく学校に行きたくない子は時が経てば学校に行くこともあります。

例えば、毎日家で同じことをして飽きた!という理由でいくことも。

学校に行きたい!と思うようになれば、徐々に週1で1時間だけ通うと少しずつ行くようにしましょう。

最初から前のように週5〜6限目までは、もうキツイのです。
学校の近くになると気持ち悪くなったり、頭痛、腹痛を起こすこともあります。

これは、うつ病になって休職中の方だったり、バイト初日にバイト先のことが不安で胃がキリキリしたことあるような人しか分からない感覚でしょう。

私は似たような経験があるのでめっちゃわかります。

特に学校大好きだった人には理解されないのです。

例えば生後1ヶ月の赤ちゃんに言葉をしゃべろ!というような無茶振りです。無理です。
感覚的にはそんな感じ。

妹の元担任2人はグイグイタイプでした。1日でも学校にいけたら、来週からは毎日こい!部活もやれ!っていう…なめてんのか。

 

どうやって勉強すればいいのか?選択肢は7つあるよ!:

 

  • クラスではなく保健室登校

学校そのものは大丈夫、クラスには入れないタイプにおすすめ。
学校にさえ来れば、出席日数には加算されます。

出席日数があればちょっと厳しいですが、私立の全日制高校に入ることもできます。
全日制高校に入りたい子は、家または保健室、または不登校用クラスで勉強し、学校でテストを受けましょう。

成績表に2-3がつくはずです。不登校だったけど、少しずつ学校に来ているのは評価対象になります。

私立だと公立よりも推薦がゆるゆる。犯罪行為はしていない限り、推薦がもらえます。志望校は1本に絞る必要がありますが。

 

  • スクールカウンセラーを通じて相談

最近では不登校や心に闇を抱えている子が多いので、スクールカウンセラーを導入しているところもあります。

基本的に不登校に理解があるので、信頼しても大丈夫。

毎日、学校これそう?といった電話をかけてくれます。必要であれば家まで行って相談にのってくれます。

学校に勉強しにいかずに、スクールカウンセラーに会いたいがために行く子もいます。信頼できる大人が1人でもいると気が晴れますからね。

 

  • 不登校のためのクラスにいく

学校によっては、不登校用のクラスがあります。学年はバラバラ。担任が、不登校クラスに行ってよし!と許可したら通えるシステムです。

空き時間のある先生が監視してます。
少人数で、自分の好きな科目がやれます。わからないことがあれば先生に気軽に質問できるのも◎

妹も途中まで不登校用クラスに通ってましたが、嫌いな人間が現れたので、現在はオンライン授業を受けてます。

 

  • フリースクールにいく(有料)

フリースクールといって、現在学校に行けてない子がいく学校があります。
自分の行けるペースでいけるので、人によっては週1など決められます。

フリースクールの特徴は、そこで学んだことは学校の単位に反映されるということ。
出席日数・単位がとれます。ただし5科目のみ。
1日体験などがあるので一緒に見学するのもいいでしょう。私たちも行き妹も気に入りましたが、費用面で断念。

 

  • 自分で勉強する(有料)

教材は本屋で売ってます。自分のペースでコツコツやれる子は独学でもいいでしょう。

 

  • 塾や家庭教師(有料)

塾は集団だと知り合いに会う可能性もあるので、個別がいいです。家庭教師なら家でできるし、自分のペースで進められます。
ただし、5科目しか受けられません。また、3科目以外はメジャーじゃないので、残り2科目は自主勉強になるかと。

 

  • オンラインで勉強(有料)

現在妹が利用しています。

オンライン授業の何がいいかというと

>送り迎え不要
>知り合いと合わない
>自分の都合のいい時間から始められる
>一人一人のスピードに合わせてくれる
>個別、または多くても3人まで
>週に1回進捗を伝えてくれる

ことです。

特に自分の都合がいい時間に始められるのは大きいです。
塾などは夕方からと決まってますよね。しかし、オンライン授業なら、13時〜21時までのどこかでとれます。

妹は週2-3日19-21時の間に勉強しています。基本的に国数英のみ。中学3年生になると、理科、社会もやってくれます。

また週に1度、妹の進み具合、アドバイスがいただけます。
いたせりつくせりです。

通信制高校一括資料請求[無料]

 

不登校で腐っていた妹が勉強に向き合った3つの理由は?:

 

  • 理想の高校を見つけたから

中学には行きたくないけど、高校だけは卒業したい!と思っていた妹。なぜなら中卒だとまともな仕事に就けないからです。高卒だと視野が広がります。

だけど、全日制はキビシイ、オンラインの学校だと自分に甘えが出る…そんな時に見つけたのが、通信制の高校でした。

妹が行きたい!と思った通信制の高校の特徴は下へ

  • 周りのサポート

スクールカウンセラーや、中学2年生の時の担任。入学金を頑張って工面するといってくれた祖母、陰ながら支えてくれるようになった療養中の父の姿をみて、高校入学を諦めたくないと思ったそう。

自分1人だけだったらなかなか前に進めなかったと。
そんな思いを話してくれたので、私も妹のために何かしたい!と思い、Ready forでパソコンと制服代を支援してもらおうと思いました。

 

  • このままじゃいけないと思ったから

少しずつですが、家の環境も変わって来ました。うつ病から肝硬変になった父も、だいぶ良くなった。腰痛で動けなくなった祖母も回復、姉に子どもが生まれ、いつまでも子どものままじゃいられない、と感じたそう。

どんな高校でも、単位をとれなければ留年します。それは通信制も同じ。
中学卒業するまでに基礎学力は身につけておきましょう。

妹は目標を見つけてから、国数英だけがんばるようになりました。

 

妹が通おうと思った通信制高校の特徴

後日個別記事を書きます。

  • マイティーチャー制がある

高校まではクラス制度。担任がいますよね。基本的に担任は変えられません。
しかし、妹が行きたい通信制の高校は、自分が気に入った先生を担任に選べます。

なので、担任とウマが合わなくて不登校になった…という人にぴったし。

 

  • 自分がいける範囲で通える

全日制は月〜金ですが通信制の場合は、自分で決められます。
週1〜5まで。妹は週2回予定。いく日数によって、費用も変わってきます。

行く日数は後から変更することも可能。最初は少なめに設定し、週3回いけるなら、不足分を足すという形。

 

  • アルバイト可

現在、私の家は火の車です。祖母の年金でギリギリ成り立っています。

妹もそれをよーく理解しているので、高校入学したらアルバイトをして、自分で学費分を稼ぐそう。
週2回登校なので、無理なくアルバイトできますね。

 

  • 校則がない

妹はみんな同じ格好、訳がわからない校則のルールが嫌いです。

髪染めても誰にも迷惑かけてないのに、なんでだめなのか、なんで前髪はピンでとめないといけないのか、マフラーはしちゃいけない…とか。

通信制はそんなことありません。自由です。髪を染めてようが、スカートを短く折ってようがなにも言われません。

ありのままの自分を出せる環境っていいですね。

 

  • 制服登校、私服登校あり

制服って高いですよね?一式10万円かかることも。通信制では、自由です。

うちにはそんなお金がないのをよーく分かっているので、私服登校可だと安くすみます。なんちゃって制服を買うらしいので、2-3万くらいかかりますが、それでも安い。

 

  • 自分のスキを学べる

午前中は基礎科目、午後からは自分の好きなことを学べます。
ネイルやスポーツ、検定など。

 

  • やる気さえあれば学校に受かる

通信制の高校は不登校の子どもにとってはありがたい存在です。基本的に書類選考だけなので、めったに落とされません。

なので、学力に自信がなくても合格する可能性は高まります。
まれに面接や小論文を受けないといけないこともあります。

しかし、オンライン授業も受けていればほぼ受かるといっていいでしょう。

  • 授業がない日は、家でレポート、毎年1回、屋久島にいく

通信制高校に通う予定の子はノートパソコンが必須。
オンラインで授業を見ながらレポートを埋める必要があるからです。
妹はパソコンを持っていないので、中学卒業のお祝いで購入してあげたいです。

また年に1回、いつでもいいので屋久島に行かなくてはいけません。勉強というよりもちょっとした修学旅行ですね。屋久島に行くだけで30単位もらえます。
これにいかないと、卒業は難しいものになるでしょう。

 

  • オンライン授業が週に1回ある

国数英、勉強します。
基本は1時間。少し雑談しながら授業に入ります。人数は多くても3人。
1回30分 残り20分は、個別相談

「毎週土曜日に授業あり」「週2-3回オンライン授業」「個別相談で、1ヶ月18,000円」です。妹が一生懸命勉強しているので、祖母が出してくれました。

▼妹も通信制高校の資料請求をこちらでやりました(タダです)▼

通信制高校一括資料請求[無料]

 

【経験談】4年間不登校だった妹が不登校になった原因と解決策(前向きに高校入学を検討)

今や不登校は沢山います。珍しくはないのです。なので、自分の子どもが不登校になっても罵倒しないで、ちゃんと向き合ってあげてください。

親まで敵にまわってしまったら、子どもは苦しくなるばかり。

まずはリラックスできる環境を整えてあげて。

将来についてじっくり話すのは、子どもが落ち着いてからね。

学校に行かなくても勉強できる方法はたくさんあるから、あんまり自分を追い込まないでね。

一歩一歩ゆっくり進もう!!

▼妹もここを使って資料請求したよ▼

通信制高校一括資料請求[無料]

 

妹のパソコン代と制服代を購入するために支援、またはTwitterで拡散していただけると嬉しいです!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

りん

妊娠中に、インターネット上で欲しい情報が見つからなくて、自分から情報発信しよう!と思いブログを開始。 息子(うーたん)の体重が平均以下でも、スクスク育ってるので、気にしてない、お気楽ママです。 詳しいプロフィールはこちら

-子どもの教育

Copyright© こそだての箱 , 2018 All Rights Reserved.