外出時の持ち物 赤ちゃんの育児 離乳食 離乳食グッズ

離乳食が始まった生後6か月以降、実家に帰省(遠出)する時に必要な持ち物まとめ(2泊3日分)

投稿日:2月 23, 2018 更新日:

豆イスに座って離乳食を待っている赤ちゃんのイラスト

スポンサーリンク

こんにちは!りん(@rinn_nikki)です。
心配性ママ:U
生後半年を過ぎてから実家に帰省!となると、心配になってくるのが離乳食ですよね。

今日は、生後半年から遠出の外出をする時に必要な持ち物を紹介してます。

2泊3日の荷物で、想定しています。
りん

▼離乳食以外の持ち物が知りたい!という方はこちらの記事をどうぞ▼

生後3ヵ月から実家帰省・遠出する時に!必ず必要なベビーグッズ21選(1泊2日)

 

生後半年以降に実家に帰省する時に、必要な離乳食グッズ

離乳食の食器:4皿

実家以外で食べさせる時は、持っておくと良いでしょう。

生後6ヶ月を過ぎると、2回食になります。

食器は最低でも、4枚持っていくと便利です!

 

離乳食(ベビーフード)

(旦那の)実家で、離乳食を作るのは大変です。

なぜなら、離乳食セット(ブレンダーとか)をわざわざ持ってかなきゃいけないから。

ただでさえ、多い荷物(主に赤ちゃん用品)がめちゃくちゃ増えます。

りん
そういう時に、ベビーフードを活用しましょう!

ベビーフードは、一度食べたら、そのまま捨てられるからです。

電子レンジで数秒加熱するだけで、すぐに食べさせれます。

レンジがなくても、そのままでも食べさせれます。

赤ちゃんがお腹すいたよ!ってなった時に、すぐにあげられるのはいいね。
心配性ママ:U

ご飯を食べ終わらせたら、容器はポイ。荷物も少し軽くなります。

▼うーたん受けのいいベビーフード (参考にどうぞ!)▼

スポンサーリンク

 

お食事エプロン

赤ちゃんは食べるのが下手くそです。

なので、お食事用エプロンは必ず持って行きましょう。

家でいつも使っているものでもいいですが、使い捨てのスタイだと、外付先で汚しまくてもその場で捨てられるのでお勧めです。

また使い捨てはもったいないな。という方は、撥水加工がしてあるお食事用エプロン(服のように着せるタイプ)も◎

なぜなら赤ちゃんは、口周りだけでなく服全体を汚すからです。

月齢がたてばたつほど、自分で手づかみで食べたくなり汚れます。

 

チェアベルト

チェアベルトは、めちゃくちゃおすすめです!!

チェアベルトは、文字通り大人用の椅子・ママ・パパの腰に取り付けられるベルトです。

赤ちゃん用の椅子がなくても、大人用のイスに取り付ければたちまち赤ちゃんのイスに早変わり。

ただし、イスの種類によって、使えない場合もあります。

りん
そういう時は、ママ・パパの腰につけましょう。

 

どんなシチュエーションでも対応できる、チェアベルト。

値段も2,000円とお手軽に試せるものもいいですよね!

 

豆いす

赤ちゃん用の小さい椅子を持っていると、便利です。

  • 離乳食用の椅子は持ってない!
  • 実家には座布団しかない
  • チェアベルトを腰に巻きつけていたら、腰がめちゃくちゃ痛くなった

豆イスは、外出時には使えませんが、実家にいる時になどに使えます。

使い方はカンタン。

チェアベルトを豆イスに取り付けるだけで、簡易離乳食イスができます。

 

りん
私が使っているのは、クリスマスプレゼントとして妹が買ってくれたベビザラスから出ている豆椅子です。

スポンサーリンク

 

まとめ

離乳食が始まってから実家に帰省となると、必要なものがまた違ってきます。

そういったときに、この記事が、あなたのお役にたてれば嬉しいです!!

▼離乳食以外の持ち物が知りたい!という方はこちらの記事をどうぞ▼

生後3ヵ月から実家帰省・遠出する時に!必ず必要なベビーグッズ21選(1泊2日)

▼おすすめのチェアベルトについて紹介しています▼

外出先で離乳食を食べさせたい!チェアベルトがコスパ最強ですぞ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

りん

妊娠中に、インターネット上で欲しい情報が見つからなくて、自分から情報発信しよう!と思いブログを開始。 息子(うーたん)の体重が平均以下でも、スクスク育ってるので、気にしてない、お気楽ママです。 詳しいプロフィールはこちら

-外出時の持ち物, 赤ちゃんの育児, 離乳食, 離乳食グッズ

Copyright© こそだての箱 , 2018 All Rights Reserved.