本当にあってよかったグッズまとめ 赤ちゃんグッズ

赤ちゃんがいても安心に!おすすめの蚊よけ対策7つまとめ

投稿日:10月 30, 2017 更新日:

蚊に刺された少年のイラスト

スポンサーリンク

こんにちは!りん(@rinn_nikki)です。
夏からでてくる私たちの天敵といえば、蚊です。(Gは見た目気持ち悪いけど、害はないから…)

雨の日とかもよく出てきますよね。

最近家で蚊を見かけるので、うーたんが刺されないように気をつけています。
赤ちゃんが蚊に刺されたら、刺されたところがプクーっと腫れあがりますよね。

そんな痛々しいわが子の姿、みたくない!!という方に。
今日は【赤ちゃんの蚊よけ対策方法&おすすめのグッズ】を紹介していきます。

 

赤ちゃんが蚊に刺されるのを防ぐ7つの方法

虫除けシールをはる(おすすめ)

ピジョンから出ている虫除けシール。これを服に貼っておくと、虫がよりにくくなります。
大体6時間ほどで効果がきれるので、こまめに変えてあげることがオススメ。

りん
蚊に刺されにくくなりますが心配性な方は、蚊帳(かや)と併用すると確実に刺されません。

わたしと同じベットで寝てた息子くんは全く刺されなかったのに対し、わたしは6箇所以上刺されてたので、効果はあります。

服以外にも、ベビーカーに取り付けたりするのもオススメです。
一度に6枚まで貼ることができます。

スポンサーリンク

 

明るめの色を着せる

黒っぽい色よりも明るめの色のほうが刺されません。
蚊は目が悪いので、濃い色を好む傾向があります。

肌が黒い人が刺されやすいのもこの理由があります。

 

汗をこまめに拭き取る

蚊は二酸化炭素が大好き。
なので二酸化炭素のかたまりである、汗をかきやすい赤ちゃんが大好き。

汗がたまる太ももや首を刺します。

 

蚊帳(かや)の中に入れる

確実に刺されません(蚊帳に穴が空いていたら別ですが)
ベビーベットがあるなら、その形に合うような蚊帳を購入しましょう。

西松屋にも売ってますが、1種類しかありませんでした。
パパ、ママと一緒に寝ている場合は、普通サイズの蚊帳を購入しましょう。

オススメはすぐに取り付けられるこの蚊帳です。

 

肌の露出を控える

肌面積が多いと、そのぶん蚊に刺されやすくなります。

 

蚊がいなくなるスプレーを部屋にまく(おすすめ)

最近では部屋にワンプッシュするだけで、蚊がすぐ死ぬ商品がでています。
即効性があって、赤ちゃんがいる家庭でも使えます。

なぜワンプッシュするだけで蚊に効くかというと、蚊に直接攻撃するのでなく、壁に薬がつくからです。

りん
蚊も適度に壁で休憩するので、壁に止まったらもうこちらの勝ちです。

しかも24時間持続。

さらには4-8畳なら部屋の真ん中でワンプッシュするだけでオーケー!という手軽さも人気の理由です。

スポンサーリンク

 

ノーマットを使う(おすすめ)

ノーマットは、赤ちゃんがいる家庭でも使えます。

Q.妊婦や乳幼児がいる部屋で使っても大丈夫?
ご使用いただけます。
ただし、妊婦・乳幼児に限らず、閉めきった部屋や狭い部屋で使用する場合は、ときどき換気をしてください。

公式サイトさまより引用)
また蚊にきくスプレーと同じ効果があります。

ノーマットはコンセントにさして電源を付けておけば1日中作動しているので、スプレーだけじゃ心配!というパパ・ママにおすすめ。

りん
この7つのことをしてもらえば、蚊よけ対策はバッチシ!

家の中に蚊がでてもすぐにポトッとおちてくるでしょう。

ピーク時は、蚊が1日4匹以上床に落ちていました。

 

蚊で血を吸うのは、メスだけ!

メスの蚊が血を吸います。オスは吸わないんですね。
蚊も蚊の赤ちゃんのために血を欲するわけです。

そんなこと言われても私たちの赤ちゃんが刺されたら、痛々しい跡が1週間以上残るので、防ぎたいですよね。

 

まとめ

夏ごろからじょじょに出始めてくる蚊。
・できることなら、赤ちゃんに被害がでる前に駆逐したい!
・赤ちゃんのモチモチスベスベ肌を蚊なんかにけがされたくない!

という方に赤ちゃんがいる家庭でもできる蚊避け対策&おすすめグッズを紹介してきました。

どれもドラッグストアで揃えられるものなので、ぜひ取り入れて下さいね。

りん
私は全部試しました。うーたんは1回も刺されませんでした!

私は、10か所以上刺されました…。
母乳・混合育児の方は、蚊の絶好の獲物なので、気を付けて下さいね…!

母乳がおいしい=母乳は血液から作られているから=血液がおいしい=蚊も好む

さらに、産後は代謝が良くなり汗をかきやすくなる(蚊は二酸化炭素大好き)=刺されやすい

だと思うので…(´;ω;`)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

りん

妊娠中に、インターネット上で欲しい情報が見つからなくて、自分から情報発信しよう!と思いブログを開始。 息子(うーたん)の体重が平均以下でも、スクスク育ってるので、気にしてない、お気楽ママです。 詳しいプロフィールはこちら

-本当にあってよかったグッズまとめ, 赤ちゃんグッズ

Copyright© こそだての箱 , 2018 All Rights Reserved.