新生児 赤ちゃんの心配事 赤ちゃんの育児

生後28日から!ケイツーシロップを上手に飲ませる方法。

投稿日:12月 25, 2017 更新日:

スポンサーリンク

こんにちは!りん(@rinn_nikki)です。

生後28日目、生後2ヶ月、3ヶ月に、ケイツーシロップを赤ちゃんに飲ませなければいけませんよね。

この記事では、こんな人を対象にしています。

・赤ちゃんに薬を飲ませなければいけないけど、どういう風に飲ませたらいいのか教えてほしい!

ケイツーシロップの飲ませ方には、3種類あります。

スプーンで飲ませる

哺乳瓶を持っていない家庭でお薬を飲ませるときには、スプーンが便利です。
赤ちゃんを横抱きにして、お腹がすいた!と思うタイミングに少しずつ口に入れるといいでしょう。

沢山一度に入れてしまうとこぼしてしまう可能性があるので、少しずつね!!

哺乳瓶の乳首の中に入れて飲ませる(おすすめ!)

りん
私は3回とも、この方法でやりました。一番カンタン!

この方法が一番いい理由は、寝かせたままでも飲ませられることです

乳首に入れると赤ちゃんが勝手に吸ってくれるので、こぼす心配もありませんし、ちゃんと飲んだか目で確認できます。

乳首に慣れてない赤ちゃんに飲ませようとすると、飲んでくれない場合があるので、その場合はスプーンで飲ませるようにしましょう。

完母で、哺乳瓶を買ってない人は、わざわざ乳首だけ買う必要はありません。

しかし、自分が病気にかかって、母乳を飲ませてあげられなくなることを考えて、哺乳瓶は、最低でも1つ持っておいたほうがいいでしょう。

 

哺乳瓶は、母乳相談室がおすすめ。

母乳相談室は、他の乳首を嫌がっていた赤ちゃんでも唯一吸ってくれという乳首です。
▼詳しくはこちらの記事をどうぞ▼

混合から完母になりたいなら!最強の哺乳瓶、母乳相談室を使おう◎

また、自分が病気にかかった時にのために粉ミルクを常備しておきましょう。

▼おすすめの粉ミルクまとめです▼

3タイプ別おすすめ粉ミルク、安い・持ち運びに便利・牛乳アレルギーの子に。

ミルクに入れて飲ませる(おすすめしない)

少量のミルクに、薬を混ぜて飲ませる方法です。
この方法はめんどくさいし、薬の味を覚えてしまってミルクを飲まなくなってしまった!ということがあるので、おすすめしません。(方法として紹介します)

湯さましやミルクなどに入れてしまうと残してしまった場合、どれくらい飲んだかが分からなくなるからです。

スポンサーリンク

赤ちゃんにケイツーシロップをあげるときの注意点

赤ちゃんの口の中に、直接ケイツーシロップを入れてしまうと、口の中を切ったりする可能性がでてきます。

対に、スプーンに移すか乳首を使って、あげるようにしましょう。

ケイツーシロップをあげ忘れないために、メモする!

できれば、生後28日・生後2ヶ月・生後3ヶ月に、きっかりあげたほうがいいでしょう。

しかし、カレンダーにメモしても、紙にメモしても忘れてしまう時はありますよね。

そういった場合は、気づいたときにすぐあげるようにしましょう。

赤ちゃんがケイツーシロップを吐き出した場合

少し吐いたぐらいなら、問題はありません。

盛大に吐き戻してしまった場合は、次回分のケイツーシロップを飲ませてあげましょう。

りん
ビタミンK を過剰摂取しても、何の問題もないので安心してあげてください。1か月健診の時に、もらってくださいね。

スポンサーリンク

赤ちゃんがケイツーシロップを吐きもどさないために注意すること

ケイツーシロップを飲ませた後に、すぐに寝かせないようにしてください。

授乳クッションなどを使って頭を少し高くしたり、横抱きにすることで、吐き戻しが防げるでしょう。

まとめ

赤ちゃんに、ケイツーシロップをあげる方法。

一番手っ取り早くて、ラクチンな方法は、乳首を使うことでした。

完母で、乳首を持ってないよ!という方でも、お母さんが病気にかかった時に粉ミルクをあげなきゃいけない!という時が来るかもしれないので、保険として哺乳瓶を一つ購入しておきましょう。

哺乳瓶はどれを購入してもいいですが、赤ちゃんによっては乳首を受け付けないという赤ちゃんもいます。

私のおすすめは、ピジョンの母乳相談室

母乳相談室の乳首を使っても、飲んでくれない場合は、スプーンで飲ませてあげましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

りん

妊娠中に、インターネット上で欲しい情報が見つからなくて、自分から情報発信しよう!と思いブログを開始。 息子(うーたん)の体重が平均以下でも、スクスク育ってるので、気にしてない、お気楽ママです。 詳しいプロフィールはこちら

-新生児, 赤ちゃんの心配事, 赤ちゃんの育児

Copyright© こそだての箱 , 2018 All Rights Reserved.