新生児 産後トラブル 赤ちゃんの育児

初めてママでもけんしょう炎にならない、正しい抱っこのしかた!【新生児から】

投稿日:12月 27, 2017 更新日:

スポンサーリンク

こんにちは!りん(@rinn_nikki)です。

新生児て、ふにゃふにゃしていて、抱っこする時に、「落としてしまわないように!!」と、変に力を入れてしまいますよね。

変に力を入れたままの状態で、赤ちゃんを抱っこし続けると、けんしょう炎(手首がズキズキする)になってしまいます。

りん
しかし、今日紹介する【腱鞘炎になりにくい赤ちゃんの抱っこ方法】を知れば、けんしょう炎とは無縁になるかも。

抱っこする時に難しい事でもするの?と思うかもしれませんが、やり方はとっても簡単です。

この記事では、以下の方を対象にしています。

・新生児の正しい抱っこ方法を知りたい
・けんしょう炎を予防したい

・私、不器用なんだけど、私でもわかるかしら?

腱鞘炎になりにくい!不器用ママでもカンタンにできる、抱っこのコツ

手首の力を使うのでなく、腕全体の力を使う

赤ちゃんを抱っこする時、怖いからといって変に力を入れる必要はありません。

腕全体の力を使いましょう。

まず、赤ちゃんのお尻の下に、腕全体をすべり込ませましょう。

腕全体をすべりこませたら、頭の下に手を入れ、抱き上げましょう。

上記の説明で、よくわからない場合

赤ちゃんを抱き上げた時に、手のひらを裏返しましょう。

手のひらを裏返すと、手首だけじゃなく、腕全体の力を使うことになります。

裏返しあとは、元に戻しても構いません。

腕全体の力を使うことに慣れたら、手のひらをひっくり返さなくても、腕全体で、抱き上げられるようになります。

まとめ

けんしょう炎になりにくい、抱っこの仕方を紹介してきました。
新生児の時の体重が軽いから…といって、間違った抱っこで方法でずーっと抱っこしていると、生後2ヶ月目ぐらいから、手首のあたりがズキズキしてきます。

けんしょう炎が悪化すると、最終的に手術をしなければいけません。

なので、けんしょう炎を回避するために、正しい抱っこの方法を実践しましょう。

りん
私もうーたんが新生児の頃、落とすといけないから…と変に力を入れて抱っこしたら、軽度のけんしょう炎になりました。

軽度だったので、サロンパスを貼ったり、極力抱っこしないですむように対処したり(抱っこ紐が使える体重じゃなかった)、して、ようやく生後4か月ごろに治りました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

りん

妊娠中に、インターネット上で欲しい情報が見つからなくて、自分から情報発信しよう!と思いブログを開始。 息子(うーたん)の体重が平均以下でも、スクスク育ってるので、気にしてない、お気楽ママです。 詳しいプロフィールはこちら

-新生児, 産後トラブル, 赤ちゃんの育児

Copyright© こそだての箱 , 2018 All Rights Reserved.