赤ちゃんの心配事 赤ちゃんの育児

ママ友の赤ちゃんは、もう伝え歩きするのに、うちの子は…としょげる前に見ておく記事

投稿日:2月 25, 2018 更新日:

ひつじの着ぐるみをきてひつじに囲まれている赤ちゃんの写真

スポンサーリンク

こんにちは!りん(@rinn_nikki)です。

「友だちの子どもは、もう伝え歩きするのに、うちの子は全然する気配がない」
「発達を促してあげたほうがいい?」

りん
と心配になっていませんか?

赤ちゃんには、その子それぞれのペースがあります。

歯が生えてくるのだってバラツキがあるので、成長速度も違います。

私が赤ちゃんのころは、なかなかハイハイをしなくて、心配していた母。
りん

でも、ある日いきなりハイハイをすっ飛ばして、伝え歩きをするようになった。

と聞いています。

大人になった今では普通に歩けているので、長い目でみたら特に心配しなくても大丈夫。

心配性ママ:U
どうしてもできる子に目を向けてしまいますが、別の人間なので、同じように成長しないのは、当たり前です。
りん
周りがプレッシャーをかけてきても、無視しましょう。

 

発達を促してあげたほうがいい?: 特にしなくても

りん
うーたんは、新生児のころから、腹ばいの練習をしました。

だから、月齢より少し発達が早くなりました。

腹ばいをすると、吐き戻し防止・首がすわって早く縦抱きができるようになるからと、私は、うーたんのお手伝いしただけです。

しかし、早く歩けるようにしたい!からといって、歩かせる練習をするのは、よくありません。

正しいステップを踏んで行かないと、赤ちゃんの体の感覚がおかしくなります。

実は、赤ちゃんを早く歩かせようと思って練習をさせたら、誰でもすぐコツを掴んで、歩けるようになります。

りん
二足歩行のほうが、ハイハイよりもカンタンだからです。

ハイハイやズリバイをすることによって、足や腕の筋肉が鍛えられます。

もし、その練習をすっ飛ばして、いきなり歩く練習をさせたら、赤ちゃんはどうなるのでしょうか?

歩けるようになっても、

  • あっちにふらふら、こっちにふらふら、生傷が絶えない。
  • 正しい歩き方ができない

かもしれません。

早すぎる成長は、将来的にあまりよくありません。

 

まとめ

少しゆっくり目に成長していくほうが、赤ちゃんの発達的にはいいのです。

いつか絶対できるようになります。
焦らず、見守ってあげてくださいね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

りん

妊娠中に、インターネット上で欲しい情報が見つからなくて、自分から情報発信しよう!と思いブログを開始。 息子(うーたん)の体重が平均以下でも、スクスク育ってるので、気にしてない、お気楽ママです。 詳しいプロフィールはこちら

-赤ちゃんの心配事, 赤ちゃんの育児

Copyright© こそだての箱 , 2018 All Rights Reserved.