外出時の移動手段 赤ちゃんと外出

産後、自転車で外出したい!赤ちゃんはいつごろ後ろにのせれるの?

投稿日:1月 18, 2018 更新日:

スポンサーリンク

こんにちは!りん(@rinn_nikki)です。

車を持ってなくて、近所の買い物に行きたい!という人が使う手段といえば、自転車です。

ただ、赤ちゃんがいる家庭ではこんな疑問がありませんか?

・赤ちゃんもだいぶ大きくなったそろそろあかちゃんを連れて自転車で移動したい
・いつ頃から乗せていいんだろう?

・子どもも乗れるおすすめの自転車は何だろう?

これらの疑問を解決していきます。

産後ママは、いつから自転車に乗れる?

産褥期をすぎれば、いつ乗っても平気です。

安全なのは、体調が回復、骨盤の位置が戻りつつある生後半年からが◎。

でも体の回復ができてないので、長時間乗らないようにしましょう。

いつ頃から、赤ちゃんを自転車に乗せてていいの?

グラグラの赤ちゃんを自転車に乗せるのは、危ないよね。

おおよその目安は、首がすわって自分で座れるならOK
でも、安全なのは、1歳、100cm以下

前に乗せるタイプか、後ろに乗せるタイプどっちがいいの?

1歳で、 体重15キロ以下なら:前

それ以外は後ろです。

前の方が子どもの様子が見られていいやん!なんで、15キロ以上なったら、後ろなの?

赤ちゃんが大きくなったら後の方がいいです。
前のかごに、荷物を乗せたことがある人はわかると思いますが、結構ぐらつきますよね。

バランスを崩して自転車を倒すことも。
これが荷物じゃなく、赤ちゃんだったらゾッとします…ヽ(;▽;)ノ

後ろの方が、重たいものを乗せてもぐらつきにくいので。

おすすめの自転車は?

りん
子どもを乗せて急な坂道もラクラクのぼりたい!なら電動自転車だよ

詳しくはこちら(外部リンク)

電動自転車のメリット

急な坂道でも息切れしないでのぼれる

普通の自転車+子どもの体重だと、坂道を登れません。

一度降りて、自転車を押す必要があります。

しかし、電動自転車だと、いっきに坂道をスイスイ~っといけるので、便利です。

重たい荷物もたくさん乗せれる

ぐらつきにくいので、前かごに沢山荷物を入れても倒れにくいです。

少ない労力でスイスイすすむ

何回もペダルをこがなくていいので、体力が落ちている産後ママも快適に外出できます。自転車に乗り慣れてないママも。

電動自転車のデメリット

一度倒したらなおすのが大変

電動式ってめちゃくちゃ重たいです!(30kgくらい)

一度倒したら、起こすのに結構苦戦しますよ。

こまめな充電が必要

ちょこちょこ充電しておかないと、こいでる途中で使い物にならなくなります。

子どもの体重が10kg+自転車(30kg)を、押して帰らないといけなくなります。

普通の自転車と違って、バッテリーがきれたら、めちゃくちゃ重くなります。

男性でも、こげるかどうかわからないくらい。

安くて、ついでにダイエットもしたい!という方は、普通の自転車

心配性ママ:U
産前使っていた自転車には、とりつけられないの?
りん
ものによっては、取り付けられます。自転車販売店で、相談してみてくださいね!

自転車のメリット

いつでも使える

充電しなくてもいいので、思い立ったときにすぐ外出できます。

妊娠前に使っていた自転車があれば、その後ろに赤ちゃん用のイスがつけられるものも。

安い

電動式自転車って、高いですよね。10万円くらいします。

普通の自転車は、安いものだと1万円以下、そこそこいいものだと2~3万円します。

デメリット

急な坂道は降りて押す必要がある

15キロくらいの子+買い物で買った荷物を乗せて、勢いよく坂道をのぼる。

無理です。重すぎる。しんどすぎます。

うちの周りは坂道だらけだよ~って人は、電動自転車のほうが良いです。

私の住んでるところは、めちゃくちゃ坂があるので、電動自転車を購入予定です。

おすすめの自転車グッズは?

赤ちゃん用のヘルメット

レインコート

まとめ

産後ママは、産褥期を過ぎたらいつでも自転車に乗れるように。
しかし、長時間のっていると、デメリットもあります。

りん
赤ちゃんをのせるなら、1歳過ぎてからが安心です(*´ω`*)

身長100、体重15キロからは後ろへ。

前だと、大きくなって視界が悪くなって転ぶから

おすすめの自転車

りん
子どもをのせて急な坂道もラクラク、スイスイのぼりたいなら電動自転車
りん
ストイックな方がいい!ダイエットもかねて!坂道ない!なら普通自転車
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

りん

妊娠中に、インターネット上で欲しい情報が見つからなくて、自分から情報発信しよう!と思いブログを開始。 息子(うーたん)の体重が平均以下でも、スクスク育ってるので、気にしてない、お気楽ママです。 詳しいプロフィールはこちら

-外出時の移動手段, 赤ちゃんと外出

Copyright© こそだての箱 , 2018 All Rights Reserved.