産後トラブル 赤ちゃんの育児

事前に読んで、産後スムーズに!赤ちゃんが生まれたら必要な4つの手続き

投稿日:12月 14, 2017 更新日:

お外に出るの楽しみだな~

こんにちは。りん(@rinn_nikki)です。
赤ちゃんが生まれて一息つく暇もないままやらなければいけないことがたくさんありますよね。

今日は赤ちゃんが生まれる前に、生まれた後の必要な手続きの流れを紹介していきます。

 

赤ちゃんが生まれる前に知りたい!4つの手続き

①出生届

赤ちゃんが生まれたよーと役所にお知らせする届け。

14日以内に提出しないといけません。

提出するのは里帰り先でも、本籍地でも、現在住んでいるところでも大丈夫です。

りん
出生届を提出したよーと証明してもらうために母子手帳が必要です。

 

出生届を提出する際に必要な書類

  • 出生届1通(出産した病院でもらえることも)
  • 母子手帳
  • 届出人の印鑑 (シャチハタ×)
  • (国民)健康保険証
  • 身分証

 

②児童手当

赤ちゃんが生まれたら、書類が全部揃ってなくても提出しましょう。

早く出すと、赤ちゃんが生まれた月からの分をもらうことができます。

月に1回ではなく数ヶ月にまとめて入って来ます。

3歳までは15,000円もらえます。

 

児童手当を申請する際に必要な書類

全書類がそろっていなくても印鑑があれば申請できるので、できるだけ早く手続きをしましょう。

  • 申請者と児童の戸籍全部事項証明書
  • 印鑑(認印で可)
  • 申請者、児童、配偶者、扶養義務者の個人番号が確認できるもの
  • 申請者の本人確認書類
  • 申請者名義の預金通帳
  • 申請者と児童の健康保険証
  • 年金番号の確認できるもの

児童手当はお給料が高い方の口座に、振り込まれます。

りん
本籍地でなければもらえないので、引越しをしたから本籍を変えたという方は注意しましょう。

 

③赤ちゃんの保険証

1ヶ月健診までに保険証を作っておきましょう。

なぜなら保険証を作っておかないと、医療費免除がもらえないからです。

だいたい申請から2週間ぐらいで作成&郵送されるので、すぐ申し込んでおきましょう。

 

赤ちゃんの保険証を作るために必要な手続き書類

  • 健康保険被扶養者(異動)届(会社から貰ってください)
  • 被保険者の健康保険証
  • 印鑑(認印)
  • 出生届出済証明が記入された母子手帳
  • 出生届受理証明書
  • 課税証明書

 

④乳幼児医療助成

1ヶ月健診までに、作っておきましょう。

保険証を作ってなければもらえないので、注意しましょう。

役所に行けばすぐにもらえるので、1ヶ月検診前に取りに行っても大丈夫です。

これを作ると15歳まで無料・または一部負担してくれます。

 

乳幼児医療助成を受け取る際に必要な書類など

  • 申請書(その場で記入)
  • 印鑑
  • 母子手帳
  • 子どもの健康保険証

 

まとめ

赤ちゃんが生まれたらしなければいけない手続きを紹介してきました。

特に児童手当は生まれた月の間に申請しないとすぐにもらえなくなるので、1万5000円損します。

なので、早めに申請するようにしましょう。

事前に知っておくとスムーズに手続きができるので、ぜひ参考にしてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

りん

妊娠中に、インターネット上で欲しい情報が見つからなくて、自分から情報発信しよう!と思いブログを開始。 息子(うーたん)の体重が平均以下でも、スクスク育ってるので、気にしてない、お気楽ママです。 詳しいプロフィールはこちら

-産後トラブル, 赤ちゃんの育児

Copyright© こそだての箱 , 2018 All Rights Reserved.