赤ちゃんの育児

抱っこ紐の連続使用時間は、最長でも2時間まで!それ以上やると、腰にくるよ!!

投稿日:

スポンサーリンク

こんにちは!りん(@rinn_nikki)です。

※うーたんが生後6ヶ月になった時に書いた、下書き記事です※

りん
うーたんの体重が、5.5キロを越したので、抱っこ紐を使うようになりました!

私が使ってるのは、エルゴの抱っこ紐です。

りん
2018年、1月21日現在使っている抱っこ紐は、BABY&Meのヒップシートキャリアです。腰痛もちで、小柄、細身の方なら、ピッタリの抱っこ紐ですよ!

▼りん、一押し!ベビミの抱っこ紐は、小柄・細身・腰痛もちに最適!▼

ベビミのヒップシートキャリアは、腰痛もち・小柄(~150cm)・細身のママ・パパの救世主!

▼エルゴの抱っこ紐について、詳しく知りたい方は、こちらへ▼

赤ちゃんのお世話が3倍楽になる!オススメ赤ちゃんグッズ12選

▼エルゴの抱っこ紐でおんぶしたい方はこちら▼

エルゴ抱っこ紐でおんぶがしたい!生後6か月より前に利用できるか問い合わせてみました!

そこで気になったのが、何時間連続で抱っこ紐に入れていていいんだろ?です。

今日は、こんな疑問に答えていきます。

・抱っこ紐を何時間連続で使用していいのか、

・なぜ長時間、抱っこ紐を利用してはいけないのか

抱っこ紐の連続使用時間は、最長でも2時間!

抱っこ紐に入れて移動は最長2時間!まで、と製品管理の基準で決まっています。

エルゴの説明書(PDF)にも書いてあります。

○.ベビーキャリアを長時間連続使用しないでください。

装着状況を確認する必要があるため、2時間以下を目安に使用 してください。

抱っこ紐を2時間以上連続で使用しちゃいけない理由

腰が死ぬ

長時間抱っこひもを利用すると、腰が痛くなります。

おへそあたりにかたいものを装着&同じ体勢を長時間強いられて、腰が痛むからだと思われます。

▼腰に負担がかかりにくい、ベビミの抱っこ紐、ヒップシートキャリア▼

ベビミのヒップシートキャリアは、腰痛もち・小柄(~150cm)・細身のママ・パパの救世主!

エルゴが合わなかったあなたにおすすめ!

肩が死ぬ

同じ体勢を長時間キープするので、肩が痛くなります。

普通に抱っこするよりも体重が分散されるから軽い、落とす心配がない、両手が空くので、ものが運べるなどのメリットも。

▼エルゴ抱っこ紐は、正しく使わないと、肩こり、頭痛の原因にも▼

エルゴ抱っこ紐でおんぶがしたい!生後6か月より前に利用できるか問い合わせてみました!

赤ちゃんの足がつらそう

エルゴ抱っこ紐の場合だと、海外の赤ちゃん向けに作ってあるから、小柄な日本人赤ちゃんにはつらそうにみえます。

りん
無理に足を開いてるみたいで…ヽ(;▽;)

長時間抱っこ紐にのせると、足の色が紫がかったりするので、短時間の使用でお願いします。

細身の赤ちゃんは、6キロ以上になったら使うといいかも。

埋もれて見えちゃうので。

あつい(抱っこ紐の種類による)

夏場以外の時も、ママに密着するし、抱っこ紐の布があついので、定期的に休憩を挟んで。

白湯や麦茶、母乳をあげてみてね。

りん
うーたんも抱っこ紐から降ろすと、汗がベットリするのよ。

冬だと丁度いいかもしれない。

メッシュタイプの抱っこ紐だと、夏でも汗かきにくいからおすすめです。

赤ちゃんが飽きる

赤ちゃんが抱っこ紐に飽きるケースも。

その時はベビーカーと交互で使い分けてね!

▼抱っこ紐からベビーカーの移動がラクラクなのはアップリカ!▼

赤ちゃんのお世話が3倍楽になる!オススメ赤ちゃんグッズ12選

オムツ替えや授乳の関係

母乳の人は1-2時間でお腹がすくし、混合の人も2時間くらいであげるし。

途中でうんちっちするかもしれないので、実際2時間以上抱っこ紐している人はいないのでは?

まとめ

連続で抱っこ紐を使用していいのは、2時間以内。

理由は、こんな感じ。
・腰が死ぬ
・肩も死ぬ
・赤ちゃんの足がつらそう
・あつい
・飽きる
・授乳やオムツ替えの関係

 

あと、エルゴよりも、ベビミの抱っこ紐のほうが私には合ってました。

▼公式サイトにて、1週間レンタルできるので、気になる方は▼

ベビミのヒップシートキャリアは、腰痛もち・小柄(~150cm)・細身のママ・パパの救世主!

赤ちゃんを抱っこ紐に入れるなら、抱っこ紐用のよだれカバーやベビーケープなんかもあると便利ですよ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

りん

妊娠中に、インターネット上で欲しい情報が見つからなくて、自分から情報発信しよう!と思いブログを開始。 息子(うーたん)の体重が平均以下でも、スクスク育ってるので、気にしてない、お気楽ママです。 詳しいプロフィールはこちら

-赤ちゃんの育児

Copyright© こそだての箱 , 2018 All Rights Reserved.