本当にあってよかったグッズまとめ 産後トラブル 育児グッズ

抱っこでけんしょう炎になりそうなママへ!けんしょう炎予防サポーターを使って、悪化を防ごう!

投稿日:8月 1, 2017 更新日:

抱っこされて喜んでる赤ちゃんの写真

スポンサーリンク

こんにちは!入院して3日目でうーたんを抱っこしすぎて、危うくけんしょう炎になりそうだったりん(@rinn_nikki)です。

新生児はくにゃくにゃしているから、ついつい力をいれてしまうんですよね…。

しかし、腕というのは赤ちゃんを抱っこする時以外も使うのでなかなか治らないのです。

  • 授乳するとき
  • スマホを扱っているとき
  • パソコンを扱ってるとき

 

今日は、ベビちゃんを抱っこしすぎて、腱鞘炎になりそうなママさん、またはけんしょう炎予防にオススメのサポーターを探している方向けの記事になっています。

 

新米ママさんの場合

無事赤ちゃんを出産して病院の方針が母子同室の場合、2時間後には我が子と一緒に過ごします。

心配性ママ:U
「おむつを変えても泣きやまないし、授乳時間にはまだ早いからミルクをあげられない…」

心配性ママ:U
「わたしの母乳はまだまだでない。抱っこをすると泣き止むけど、コット(移動用ベッド) に置くと泣いちゃう。」

 

しかも、赤ちゃんが泣いている状態を5分ほど放置、または寝ていると、助産師さんが起こしにくる。見にくる。

泣かせないようにするには抱っこしかない。

しかも初めてママさんだと、首がすわってない新生児の赤ちゃんを抱っこするのが怖い、まだ慣れていないため、肩や腕に余分な力が入ります。

その時にあると便利なのが、けんしょう炎予防サポーターです。

スポンサーリンク

 

おすすめのけんしょう炎予防サポーター

その名の通り、腱鞘炎を予防するサポーターです!
ドラッグストアなどでも売ってますが、私のおすすめはこちらのサポーターです。

 

サイズ調整ができる

他のサポーターと違って、フリーサイズです。
なので、手首が太い方でも使用できます。

 

水場でも使える

普通のサポーターは、水仕事する時には外さないといけません。
しかし、このサポーターの場合では使えます。

サポーターをいちいち外すのが面倒!だという方にうってつけでしょう。
赤ちゃんをあやした後に、そのまま家事ができます。

スポンサーリンク

 

けんしょう炎サポーターのデメリット

使うたびに粘着力が落ちる

使うたびに粘着力が落ちるので、そのたびに水で洗いましょう。
水で洗うと、粘着力が多少回復します。

 

長時間つけていると蒸れの原因になる

長時間つけていると、蒸れて痒くなります。
なので、まず1時間だけつけて、慣れたら徐々に時間を延ばすほうがいいでしょう。

 

ホコリがつきやすい

1回つけるたびに、頻繁に埃がつきます。
なので、1回使用した後、水洗いしましょう。

 

まとめ

デメリットもありますが、このけんしょう炎サポーターは、私も使用しています。

長時間つけると、蒸れの原因になるので「赤ちゃんにおっぱいをあげるとき」「抱っこする時」と時間を決めてやった方がいいです。

使うたびに粘着力も落ちますが、そのたびに水で洗えば回復しますよ!

けんしょう炎サポーター以外にも、抱っこ紐やスリング、授乳クッションを使うと予防になります。>>首すわり前の赤ちゃんを抱っこする時に、便利!スリングがあると、寝かしつけも楽に。

>>新生児のゲップは授乳クッションを使うと、楽ちん!

2017/08/01 うーたんママ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

りん

妊娠中に、インターネット上で欲しい情報が見つからなくて、自分から情報発信しよう!と思いブログを開始。 息子(うーたん)の体重が平均以下でも、スクスク育ってるので、気にしてない、お気楽ママです。 詳しいプロフィールはこちら

-本当にあってよかったグッズまとめ, 産後トラブル, 育児グッズ

Copyright© こそだての箱 , 2018 All Rights Reserved.